本組合が運営する火葬場「桜の苑」(米子市長砂町)は、平成3年の供用開始から約28年が経過し、老朽化が進んでいることから、令和2年6月から令和3年3月までの予定で改修工事を実施します。

 火葬の受付などは工事期間中も通常どおり行いますが、待合室などの一部施設について、仮設施設のご利用をお願いする期間があります。仮設施設の設置期間は詳細が確定しましたら、改めてお知らせします。

 工事期間中は、駐車台数の減少、施設内への仮設物の設置、作業音や振動などの発生のため、ご利用の皆さまにはご不便とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。