介護認定審査会

介護保険法に基づく要介護認定の審査・判定

介護保険制度は市町村等(保険者)が運営し、40歳以上の皆さんが加入者(被保険者)となり、保険料を納め、介護が必要になったときに介護サービスを利用できるしくみです。介護サービスを利用するためには、「介護や支援が必要である」と認定される必要がありますので、当組合で「介護認定審査会」を設置し、鳥取県西部圏域の市町等から審査依頼のあった申請者の要介護及び要支援認定の審査・判定等を行っています。


介護認定審査・判定の流れ

   



介護認定審査会

当組合の審査会は、保健、医療、福祉に関する各分野の学識経験者の方(保健師、医師、社会福祉士等各種の職種)96名の委員で構成しています。16の合議体を設け、1つの合議体は5名の委員で審査・判定をしています。
 審査件数等は次のとおりです。


審査判定件数等

   (単位:件)
平成
26年度
平成
27年度
平成
28年度
平成
29年度

 平成
30年度

審査判定
件数
14,327 13,368 13,422 11,127  13,243
合議体
開催回数
333 318 321 274 323
平均審査
件数
43.0 42.0 41.8 40.6  41.0