病院群輪番制病院運営事業

『病院群輪番制病院運営事業』とは、西部圏域内の病院群が共同連帯し、1日2病院による輪番制方式により、夜間及び休日における入院加療を必要とする重症救急患者の医療(2次救急医療)を確保する体制を整えるための事業です。


鳥取県西部広域行政管理組合の取り組み

  • 輪番制により夜間及び休日の2次救急医療に携わる病院に対し、その救急医療運営事業費として補助金を交付しています。
  • 輪番制により夜間及び休日の小児救急医療に携わる病院に対し、小児救急医療支援事業費として補助金を交付しています。


参加病院

  • 高島病院、博愛病院、米子医療センター、山陰労災病院(以上、米子市)
  • 鳥取県済生会境港総合病院(境港市)
  • 西伯病院(南部町)、日南病院(日南町)、日野病院(日野町)

  

事業の実施状況

  • 昭和57年度~ 『病院群輪番制病院運営事業』
  • 昭和59年度~ 『病院群輪番制病院施設整備事業』
  • 昭和60年度~ 『病院群輪番制病院設備整備事業』
  • 平成11年度~ 『病院群輪番制病院小児救急医療支援事業』
    ※各事業の詳細などご不明な点については、お問い合わせください。

病院群輪番制病院運営事業についてのおしらせ

圏域内の参加医療機関については、『とっとり医療情報ネット』から確認できます。
事業の統計資料について [平成26年度] [平成27年度] [平成28年度]